TETE HOMME(テットオム)

TOP > DESIGNER'S COLUMN > コラム「クローズ・アップ」No.001 ビジネスをEASYに楽してキマるジャケット

コラム  「クローズ・アップ」  No.001
ビジネスをEASYに楽してキマるジャケット

服で語れる男はカッコイイ。特定のアイテムにクローズアップして語れる男になろうというのが当コラムの趣旨だ。
CLOTHS(服)の知識をUPするべく、編集担当EがデザイナーのT氏に直撃!

コロナ以降テレワークなどビジネスマンを取り巻く環境が大きく変わりました。
TETE HOMMEの強みでもあるセットアップジャケットもそこを意識して作ってたりしますか?

−そうですね。
テレワークなどの導入により、家でもジャケットを着るシーンが増えました。
ジャケットを家で着るって、結構勇気がいる行為だなあって思っていて、なのでいかにラクに着れるかという点は特にこだわりましたね。

そのこだわりのジャケットを見せてもらってもいいですか。

−これなんですよ。

パッと見、普通のジャケットに見えますが。

−そういう反応まってました。笑

−その普通に見えるって実はとても大きなポイントなんですよ。ジャケットってビジネスシーンだったり、結構カッチリとしたシーンでの着用が多いから、普通に見えなければならないんです。
これ、ちょっと着てみてください。

おっ!めちゃくちゃ着やすい!

−ね、着心地抜群にいいでしょ。生地がすごく伸びるでしょ。伸びるっていうことは、身体の動きについてくるってことだから、めちゃくちゃラクに着れるんですよね。

伸びる生地を使ってるんですね。

−そうなんです。いわゆるストレッチっていうやつなんですけど、この生地はそのストレッチがこだわりのポイントのひとつかな。
ストレッチって、通常はポリウレタンという伸縮性のある糸を使うんだけど、この生地はその糸を使わないで織られた生地なんですよ。
業界では、ナチュラルストレッチて言ってるかな。
T-400っていうポリエステルの糸を使ってるんだけど、この糸は伸縮性を持たせた糸だからポリウレタンなしでも伸びるってわけ。

伸びる生地で作ったジャケットってどうしてもカーディガンみたいになってしまってビジネスで使いづらいんですが、このジャケットはそう見えないですね。何か作るときに意識したポイントはあるんですか。

−カーディガンっていい例えですね。実はカーディガンとかでも使用するカットソーという生地を使用しています。
でも、その生地は確かに伸びてしまう。それを軽減させるために、縫製工場を変えているんですよ。
なんと、スーツを縫う工場でカットソーの生地を縫い上げてるんです。だから、カッチリ見えする仕上がりになってるんですよ。

じゃあスーツってことですか。

−いやいやいやいや、そういうわけでもないんです。
スーツと同じにすると、肩パットや芯地とよばれる内容物というものをたくさん使うんですが、これを使うとこの生地の良さが軽減されてしまうんですよ。
なので、その内容物を使わないで作られているっていうことなんです。
でも、使わないと今度はシワが出てしまう。そのシワが出ないように工夫をしています。
だから、スーツのようだけど、スーツではない。ニュースタンダード?かな 笑

どのような工夫なんですか。

−ごめんなさい。それはちょっと企業ヒミツで。結構そういう、見えないところへの工夫がたくさんあるんですよね。

あっ!これ内ポケットにファスナーがついてますね。

−気付いてくれましたか。目立たないようにするために、コンシールファスナーというものを縫い目に取り付けています。
内容物の落下防止にもなって機能的でしょ。
あと、ファスナーが目立たないから、カジュアルにはない品格があるでしょ。上品なんだよね〜。

確かに機能的ですね。ほかにも機能的なところはありますか。

−ポケットの数とか。内ポケットなんだけど、あえて3つにしているね。
ポケットって、たくさん物をいれると生地が垂れて、結構だらしない印象になりがち。上品じゃなくなる。それを防止するために3つに抑えて、あえて入れすぎるのを抑止しているのもあるよ。

−伸びる話にもどるけど、生地がすごく伸びるから、裏地も伸びる生地を使ってる。伸びる裏地ってあんまりないよね。
あと、胸ポケットの生地を引っ張ってみるとわかるけど、ポケットの生地がペイズリー柄になっていて、チーフのようにも使えるんだよ。
デートのときとか、、Tシャツに羽織るときに重宝すると思う。

デートってことはカジュアルでも使えるんですね。
ビジネスからカジュアルまでシームレスに活躍しそうですね。
いろいろこだわりのポイントをご紹介いただきましたが、最後にオススメのコーディネートも教えてもらえますか。

−シャツとタイに合わせてのスーツスタイルは必須だよね。白シャツにちょっと色の入ったタイなんかいいんじゃないかな。
カジュアルに着るなら、Tシャツに羽織ってほしい。白Tも良いけど、色のあるTシャツに合わせた方がトレンド出せるんじゃないかな。
ニットとかに合わせてサラっと羽織ってもかっこいいよね。

快適な素材で楽なのにしっかりした見た目なので羽織るだけでキマってしまう。ザ・スーツじゃないのでインナーや靴を変えるだけでそのまま遊びに行けそうな軽快さと、気の利いたポケットや裏地仕様はまさにT氏のキャラクターを体現した一着だ。
このジャケットを羽織ればいつもの生活が変わること請け合いだ。

今回紹介したアイテムはこちら